2011年3月25日金曜日

額縁創作(川嶋額)



川嶋渉作品の額装は随分前からさせて頂いている。

今まで色々なスタイルで発表させてもらいましたがそれは作家のこだわりも含まれている。
新しいデザインを作るときはもちろん
川嶋さん自身にもアイデアを貰ったり、会話の中にあるヒントを形にしたり
作品の持つイメージを導くことを大切にしているつもりだ。

今回の展示では、ヤマモト主催の展示とあって1点だけ初めて額縁屋主導でデザインしました。
以前から川嶋作品の代表作「みなも」に、合わせたかったスタイルです。

しかし普段の展覧会ではしない、いやしたくない
         いわゆる「額縁が出しゃばり過ぎ!」に近いスタイルです。

額縁創作をする中で一番気にする所は「額屋善がりのでしゃばった額縁を作っていないか?」を自問自答し
作家の意向に徹する事のなかで遊ばせて頂くアイデアを見つける・・だと思っている。

「じゃ何故今回のこの額は?」・・と突っ込まれることでしょう。
今回は川嶋さんからヤマモトの遊び(アイデア)を前面に入れて作る約束をしています。

即ちこれは作家との絆、長年の信頼関係で作成してきた証でありオマージュである。

    私はそう思い自信を持って発表している。

1 件のコメント:

  1. 36 highly built-in LED lights with a model new COB lens that has a free-form floor Dual Control Electric Heated Blanket can deliver over 90% uniformity of UV gentle illumination , making the printing accuracy upgraded to another stage. TEL AVIV/ZURICH, Oct Israel's Redefine Meat has struck a partnership with importer Giraudi Meats to drive European distribution of its "New Meat" steak cuts produced on 3D printers, it mentioned on Thursday. Lack of expert practitioners – new applied sciences at all times take time before they're adopted by individuals. Similarly, there is a challenge to overcome because of of} a smaller number of expert practitioners having the know-how of utilizing 3D printers.

    返信削除